和光市駅前かわはら内視鏡・消化器内科クリニック

腹痛時の対処法

腹痛は日常的に頻繁に起こる症状であり、急に起こることも多々あります。すぐに病院に行けないときなど、どのように対処すべきか判断に迷うことも多いでしょう。このページでは、腹痛が起きた際に取るべき対処方法をお伝えしていきます。

取るべき対処法

①安静にして休息する

腹痛が起きている際には、身体を動かし続けることは症状を悪化させる恐れがあります。 横になって安静にし、気持ちをリラックスさせることで症状改善を期待できます。

②温かいお風呂や入る

お風呂に入って身体を温めることで筋肉が弛緩し、腹痛が和らぐことがあります。

③ヒートパッド、温湿布の利用

腹痛のある部位にヒートパッドや温湿布を当てると、血行が促進され、筋肉の緊張が緩和することにより腹痛の改善が期待できます。
暖かい飲み物を飲むことで、更に効果を期待できるでしょう。

④軽い運動

軽い運動やストレッチは、腹痛の緩和に役立つことがあります。ただし、激しい運動をすることは逆効果になる可能性があるため注意が必要です。症状に応じて、適切な運動を行うようにしましょう。

⑤食事に注意する

腹痛は食事に関連して起こることが非常に多いです。適切な食生活を心掛け、できる限り胃腸に負担のかかる食べ物は取らないようにしましょう。
また、脂肪分や刺激物質を避け、消化を助ける働きがある食物繊維を摂取することも重要です。

⑥適切な水分摂取

腹痛が起きている際には下痢が伴うことがあるため、十分な水分を摂取し、脱水を防ぎます。ただし、冷たい水を一気に飲むことは胃腸を刺激するため逆効果の可能性があります。常温の水を複数回にかけてゆっくり飲むようにしましょう。

⑦薬の使用

痛み止めや解熱剤を使用することが、軽度な腹痛の緩和に役立つことがあります。ただし、腹痛が計測擦る場合には自己判断は危険です。専門の医療機関で正しい診察・検査・治療を受けるようにしましょう。

⑧医師の診察

腹痛が慢性的である場合や、重篤な症状がある場合は、早めに医師の診察を受けることを推奨します。特に急性で激しい痛みの伴う腹痛や、その他の異常な症状(下痢・血便・嘔吐など)がある場合は、救急医療を受けることも考慮した方がいいでしょう。

上記の対策は、あくまでも一時的な対応です。これらの対策によって腹痛が収まり再発することが無ければ大きく心配する必要はない可能性が高いですが、症状が継続する場合には直ちに医療機関を受診しましょう。何らかの消化器疾患が潜んでいる場合には、早期発見・早期治療が最も重要となります。

内視鏡専門医による安心で
高精度の内視鏡検査

当院では、消化器診療・内視鏡検査に特化した医療機関として、患者様に安心安全で高品質な内視鏡検査を提供できるよう、様々な工夫を実施しています。内視鏡検査を受けることを検討されている方は、下記より詳細をご確認下さい。
LINE
TOP

24時間受付中WEB予約

待ち時間を削減WEB問診

LINE

ともだち追加LINE